アプリケーションエッセイ

Essay/Letter

オンラインサロンにて公開予定の内容(2020年10月現在で約70000 words) の一部をこちらで公開させていただきます。加入なくともある程度は理解いただける内容で掲載させていただく予定をしております。

良いエッセイとは?非常にシンプルですがこの質問を投げかけると皆さん答えに窮します。アプリケーションエッセイにおいてどのようなエッセイを作成すれば差別化が行えるのか?高い評価がもらえるのか?明確に答える事は難しいと思います。

強い志望動機とは?具体的に書く事でしょうか?一貫性を持たせるべき?自分の強み等のユニークな面を書くべき?価値観を書くと良い?

それならば具体的に、一貫性を持たせて、自分の強みをハイライトしながら価値観や過去の学びを上手に表現できればアプリケーションエッセイとして強い差別化が行えることになるのでしょうか?

仕事や課外活動の内容を盛り込めば良い?それらの内容の大部分はResumeやReccomendation Letterに記載される内容ではありませんか…?何故一体エッセイで自己アピールを行うのでしょうか?そもそもエッセイとは自己アピールを行う場所なのですか…?

好きな本や映画についてessayの提出を求めさせる理由は何故でしょうか?自分のパーソナリティを表現するためでしょうか?
では一種の人格が評価されやすいとして、それらがどのようなものか説明してください、と言われると私にはできませんし、学校の公式ページにもそのような旨は記載されていないでしょう。

どのようなPersonalityを書けば高い評価が貰えますか?と聞いてみると皆さん答えに詰まります。

自分のユニークな面を書くにせよ、皆さんそれぞれの人生/其々の経験/其々の感じ方をしており各essayユニークなものであると私は思います。

リーダーシップエッセイでは強いリーダーシップエッセイを発揮した経験を書こう。Failure Essayでは強い失敗をした経験は書けないので…その失敗を乗り越えた経験を描きますか?(結果として問題を歪めることになると思いますが)では好きな本を書きなさい。将来の自分へのメッセージは?という問いに答えなければならないとすると最早何を書けば良いのかわからなくなってしまうと思います。

Essayで強い差別化を狙いたい場合。これらの議論の内容は全てApplication EssayのCoreにはなりません。

Scienceとは異なりエッセイには一つの真理が存在し得ない芸術作品に近いものです。ピカソが好きな人もいればモネが好きな方もいると思います。エッセイも同様に最終的にはその読み手の好みに完全に依存しますので、10人が読んで全員が唸るような作品を作り上げる事は残念ながらできません。我々も留学中どう考えてもA Qualityだと思うのだが、Bと言われた経験がなんどもあり、その度にその教授が好むような方式へ調整する、という作業を行なっておりました。

欧米の大学へ出願される際に作成する書類は原則全てエッセイと呼ばれます。Artにも基礎的な作成方法があるのと同様にEssayにも基礎的な作成方法があります。良い芸術作品は?と聞かれると恐らく簡単にそのmethodを説明できないのと同様にEssayもまた〇〇のように書けば良い、という簡潔な答えを提示することは不可能です。

特にdiversityを尊重している欧米の教育機関へ提出されるエッセイの場合は尚更です。

以下では良いエッセイの厳密な定義、およびその作成方法の一例をサンプルエッセイの批評を交えながら解説させていただきます。あくまで一例になりますので実際作成される場合にはその内容や書き手の嗜好にfitさせる形で作成することになるでしょう。

説明に入る前にまずは以下Sample Essaysを熟読ください。私の好みを無視して客観的な評価を元にGradingさせていただいております。

日本人出願者の相対評価ではなくGlobal Standardでの判定。
6点: Bottom合格 (Essayのみの評価ではdisadvantage)
7点: 合格者の内上位50-80% 程度
8点: 合格者の内上位10-50% 程度
9点 (Masterpiece): 合格者のうち上位0-10%
10点 (GRAND MASTERPIECE): あらゆるProgramの全受験者の内上位数%以下

2020年9月現時点でLevel 10のQuality判定を与えたEssayは過去0本でございます。

Essayはあくまでポートフォリオの内の一つですが、Essayのみの判定でAdvantageを取りたい場合8以上のqualityを目指されると良いでしょう。

Sample Essays

Level 7 Candy (大学学部 Economics)

My family run a XXX company. I have seen them planning and struggling with their products at home since I was young. They have endeavored to develop products by discussing a new marketing strategy in order to increase profits. Their utmost effort toward imagining new products from scratch and achieving a profit goal has inspired me to be a part of the members of the company, so I will be able to assist their work. Currently, the products of the company are sold only in Japan, but my goal is to be a bridge between the company and other countries.

I had an opportunity to visit XXX for two weeks as a volunteer this summer. On the last day, our team gave a small pack of milk and a biscuit to each of the students to enjoy the last moment. I will never forget how excited they were. When I was carrying the biscuits out of cars, children noticed that we were holding snacks and running toward us screaming “CAN I EAT THEM NOW?” Their facial expressions told me that they saw the biscuits as the best gift they had ever seen. These students reminded me of the role of candies. It was just a biscuit, which was not a high-quality food, but the quality did not matter. In Japan, there are enormous kinds of snacks everywhere, and people do not appreciate them. However, in some countries, people see snacks as luxury and appreciate their existence. This event put the dream inside of me to start the business overseas, so I can give the Japanese snacks to children in foreign countries and send them happiness.

When I was staying in XXX, I had encountered the cultural difference between Japanese and XXX food several times. When I went to the grocery store, most of the XXX products were much cheaper than Japanese products. Therefore, I expect that the difference of costs discourages people in foreign countries to purchase Japanese snacks if our company exports their candies. They are too expensive. I wondered why the same kind of foods from different countries have contrasting aspects. 

I believe that demand and supply for the products and the economic background of its countries affect its price. However, there are more intricate causes behind it. To achieve my goal, which is exporting candies in developing countries and making them popular, I should be able to establish the appropriate price for the candies after studying what the factors of setting costs in other countries are at the XXX.

In developing countries, people see candies in different ways than Japanese. I felt there were fewer kinds of candies in XXX because of less demands from customers. People in developing countries are less likely to seek candies that are popular in Japan because their priorities are different. They would not buy our candies, mainly for travelers, unless they have enough daily necessities. In Japan, the company assumes that most of the Japanese people are satisfied with the financial situation of life, but it is different in developing countries. Thus, I also want to learn the economic background of the citizens in developing countries to analyze the customer’s needs.

Level 7.5 SOP Fulbright Winning

Programは公衆衛生大学院のMaster of Public Health (MPH)になります。

To establish a more accurate disease-prevention strategy, I decide to pursue a career in public health and carry out research on the combination of data science and social, clinical epidemiology. My mission is to prevent as many preventable diseases as possible, for the sake of people’s happiness.

         Modern achievements of science have enabled us to live longer. However, healthy life expectancy, during which people live in a healthy state and do not largely depend on others, has not been sufficiently prolonged. The average life expectancy is estimated to be 84.2 years and 78.5 years in Japan and the United States respectively, whereas the healthy life expectancy is 74.8 years and 68.5 years in 2016 (1). The huge gap between the two means that people spend an average of10 years in an unhealthy condition. This discrepancy is mainly caused (about 25%) by preventable lifestyle diseases such as brain stroke, heart diseases, and diabetes(2). Therefore, The development of the effective prevention system is essential for developed, aging societies to enjoy longevity in a healthy condition.

         However, the prevention strategy for lifestyle diseases has not been amply developed. In fact, regular health check or periodical health examination, one of the most popular preventive medicines performed worldwide and generally accepted as a beneficial practice for disease prevention, has still not been proven effective. Researches revealed that general checks for healthy people possibly did not bring any benefits for them (3). As for Japan, its annual health check system for employees began in 1972, and Japan is still persistent in the one-size-fit model, which remains almost unchanged from the initiation. Exceptionally, a new screening and intervention program called Tokutei Kensin was introduced in 2008, but its specific benefits have not been well identified.

         To tackle this issue, we first have to analyze the data of health checks to enhance the efficacy and benefits of the current system. Although the data has not been properly gathered or assessed due to the structure of corporate health insurance associations (4), my mentor has successfully collected over hundreds of thousands of employees’ examination data for ten years. To analyze such large observational data, special quantitative skills must be earned. Currently, statistical methods actively help researchers deal with large public medical data of more than one million patients in America (5). The quantitative skills such as causal inference, quasi-experiment model and propensity score matching, which I should to carry out my research on the data of health checks in Japan, have been mainly developed and practiced in schools of public health in the United States.

         Second, we have to change the one-size-fit strategy to the more flexible system. The main reason that the current system could not produce a major proven effect is the ignorance of the huge disparity of recipients. People live in different places, take different jobs, eat different food and are educated differently, and these social factors greatly affect our health more than expected (6). Therefore, population approaches such as periodic health examination must be tailored according to evaluate the risk in stratification through their social determinants of health, adjusting the kinds of test items and its frequency in the most efficient way for each person. Thus, I hope to study social epidemiology, which studies the impacts of social factors on health, to update our health management system. Schools in America dominantly study social epidemiology and conduct many large cohort studies to establish the importance of health determinants on health care policies.

         Therefore, I decided to study the essence of public health research at graduate schools of public health in America which enjoy leading positions in the world. With the knowledge and findings in the field of public health, I will analyze the existing preventive medicine and then update the system of preventive medicine according to the assessment for the future, in order to help people enjoy their longevity more than ever.

Reference

1. WHO Global Health Observatory data repository, Life expectancy and Healthy life expectancy, Data by country, http://apps.who.int/gho/data/view.main.SDG2016LEXv?lang=en, seen in 27/7/2019

2. Ministry of Health, Labor and Welfare of Japan, Heisei 28 nen, Kokumin Seikatsu Kiso Chousa no Gaikyo, published in 2019, Japan

3. Krogsboll Lt, et al. General health checks in adults for reducing morbidity and mortality from disease. Cochrane Database System Review. 2019 January 31;1

4. OECD, OECD Reviews of Public Health: Japan: A Healthier Tomorrow, Chapter 3, published in 2019, OECD Publishing, Paris.

5. Tsugawa Y, et al. Comparison of hospital mortality and readmission rates for Medicare patients treated by male vs female physicians, JAMA Internal Medicine. 2017;177(2):206-213

6. Kawachi I, et al. Social Epidemiology, Chapter 2, second edition, published in 2017, the United States of America

他Level Sample Essaysは掲載省略。

What is an Good Essay?

いかがでしょうか?皆さんが想像していたようなEssayとは内容もそのQualityも異なっており驚かれた方もいるでしょう。それぞれのEssayにおいて題も書き手のtasteも全く異なりますので、お互いを比較し合う事は困難です。理解できるもの/できないもの、好き/嫌い等は人其々かと思いますが明らかに評価点 Bandが一つ変わるとEssayそのものに対するQualityに変化が見られる事が感じ取れると思います(感じ取れることを願います)。

GMAT/GRE/SATのテストスコアを求める理由は理解力の高さを測定することが根源的な目的になると思います。単にReadingができるapplicantsが欲しいわけではなく、Reading力の高さ=理解力の高さ=Future success potentialには相関関係があると学校側は判断している為高いスコアはadmissionにおいて有利に働く訳ですね。

Essayの場合はどうでしょう?

問いは様々ですが最もStandardな問いは志望動機およびそのGoalを問うものになるで、これらはPersonal Statement or Statement of Purposeと呼ばれます。後述させていただきますがPersonal Statement or Statement of Purposeの場合、その作成目的自体が大きく異なりますのでprogram毎に要確認いただければと思います。SOPは通常Essayというカテゴリーには属しません。Essay評価者に一定以上の実力が備わっている事が前提にはなりますが、Essayにおいて特殊なRare Caseを除き、Essayに対する答えそのものが評価の対象になる事は非常に稀です。

つまり評価されやすい志望動機書/評価されやすい (Career) Goal等は存在し無いわけですね。留学志望動機自体は何でもよく、Goalも何でも良いのです。勿論将来のgoalと考えている分野において経験があればそれはbetterですが、留学programによっては初めて学ぶmajorを大学で専攻される方。Careerを変える為に留学をされる方もいらっしゃると思います。そもそもあなたの志望動機は適切ではない、など誰もjudgeする資格は無いでしょう?

Essayには大き分けて3 different typesが存在し、其々emphasisが異なります。TOEFL and IELTS/ Research Paper/ Application Essayの3つです。

  1. TOEFL/IELTS

まずは皆さん大好きTOEFL君ですね。TOEFL君で30/IELTS君で9を狙いたい場合最重要視されるのは(英語面の評価を除外します)具体性および論理の整合性です。現状のIELTSでW8等を目にしない理由が例を単純に書いているだけ…というformatになっているためですよ。ここではTOEFL/IELTSのLectureはカットしますが、TOEFL君Wで高得点を取るためには具体的にかつ自分の意見を支える理由(例ではなく)を丁寧に描写できればTOEFL界ではスーパーヒーローになれる事間違いなしです。

2. Research Paper

書いた事がある方もいらっしゃると思いますがResearch Paperなるものが存在します。Research Paperにおいては具体性/論理の整合性の重要度はTOEFL君と比べると大幅にGrade Downします。Research Paperで最重要視される事はcredibilityです。極論ではありますが自分の意見があっている事が何らかの方法で証明さえできれば、何でそういう結果になるのかはTotally No Idea!と理論のカケラもないめちゃくちゃVagueな研究でもそのconclusionが妥当である限りはノーベル賞を狙う事ができます(凄まじい発見である事前提ですが…)。特に理系の世界では実際のところ、ある魔法の薬を飲むと特定の病気が治るということは発見できたが何故治るかに関するメカニズムは不明でその理論的な説明は後回し、ということが生じ得ます。逆に言うとTOEFL君Essayでは主張自体があっているかどうか?と言う尺度からの評価は重要ではないんですね。(耳にしたことがないでしょう?)

3. Application Essay

ではgood essayに対する答えになります。

Statemend of Purpose/Interest, Academic EssayやWritten Workでは無く、Application Essayを提出せよ。と言われた場合。こちらにも記載させていただいておりますが、何百と読まれるessayの中でEssayを際立たせる方法は?取るべき戦略はとにかくimpressionをなんらかの方法で読み手に与えることが目的になります。

驚くかもしれませんが、Application Essayにおいては妥当性/具体性/理論の整合性の重要度は低下します。少し極端な例ではありますが、そもそもRiver君のEssay2本を読んで一体全体なぜConsultingからEducationへ転身したいのか?まるで書かれていませんね。エッセイを構成する上で必ず考察されるであろう所謂エッセイネタや何らかの価値観自体もあまり重要では無いんですね。

Application EssayにおいてそのQualityを高めたい場合。何十何百というessayの中において一読後に強いimpressionを残したい場合。それを達成させる唯一の方法がEssayとしての品質を徹底的に高めていくこと。つまりInsightを徹底的に尖らせます。これがGood Essayの答えになります。

Good Essay = Insightfulである事。つまるところ知性の高さをEssayに凝縮させる必要性があります。

時間を捻出してprepを進める場合、そもそもEssayの作成に入った段階で、その大部分の可変部分がEssayとしての品質自体を高めていくこと以外にありません。所謂エッセイネネタや志望動機を0から完全に作り出すことはできませんからね(できたとしても非常にweakになります)。

この事がなぜ欧米ではEssayがadmissionの合否判定に使われ得るのか、という問いへのanswerになります。どれだけ命題を深く理解し、かつそれを表現する事ができるのか?

Admissionが知りたいのは、CVや推薦状から読み取れるであろうあなたの表面的なachievementやinterviewで聞かれるであろう表面的な志望動機だけではなく、applicantsが備えている所謂資質の高さです。将来の成功に繋がるpotentialの測定をEssayを通じて行なっていることになります。Academic Scoreによって測定される一種のinteligenceにplus communication skillやpersonalityもcheckされている、という認識をいただければ良いでしょう。だから、本当に優れているエッセイは単にその内容以上に凄みを帯びる事がありえます。これらは就活インタビューでcheckされているものとほぼ同様なものと認識いただくと良いと思います (実際にKennedy SchoolのadminはInterviewよりもEssayに重きを置いている、と発言をされていましたね)。聞かれている内容に対するその答え自体の内容や、その答え方といった表面的なdelivery自体が採用/不採用に影響することは稀でしょう?もっとよりdeepなものをcheckしていますよね?Essayも同様の認識を持っていただくと良いでしょう。

私の志望動機は〇〇です! 私のゴールは〇〇です、何故ならば〇〇だからです!と真面目に表面的な問いに答えても、余程強烈な理由でない限りは多くのエッセイの中にただ埋もれる事間違いなしです。

詰まる所学校側がどのような質問をしてくるか?という問い自体もEssay作成においてはあまり重要では無くなります。勿論やりにくさ/やり易さ、は個人によって差が出ると思いますが…

上記のSample Essaysの評価bandはどれだけInsightfulかどうか、というその一点のみの評価基準でtier分けしてあります。

Energy/Time/Financeリソースを投資してEssayのQualityを高めたい場合。極論ではありますが表面的なYour Experience/Personality/ Motivation/ Career Goal等はApplication Essayにおいては全て2の次。具体性/Logicalnessも無視してよく、あなたが備えているInsightを尖らせれば そのエッセイは輝きます。
後述しますがApplication Essayにおいては文法さえも破って良く、TOEFL/IELTS君とは真逆のことを行うことになります。

過去の自分へのメッセージは?リーダーシップエッセイは?あなたにとって重要なことは?好きな本や映画は?

High Quality Essayを作成されたい場合。その問い自体の切り口は其々異なりますがXXXのように答えれば良い。自分のユニークな面をアピールすれば良い、というようなシンプルなものではなく各問いに対して徹底的に強い考察をかけていく事で、Insightを尖らせる事によりEssayとしての品質を高めていく、というstrategyを取る事になります。この作業が非常に難易度が高く、だからこそ書き手によって大きな差が現れる結果になるのですが…

ネットで検索されて出てくるようなものはTOEFL/IELTSタイプでそれらに毛が生えたものと8-9 bandのEssay達はエッセイネタやIdeaが優れているわけではなく、Essayとしてのレベルが根本的に異なります。

既に作成されている方。提出を求められているのは、何らかの問いのエッセイですね?ではエッセイとしてどのように優れているのか説明せよ。と言われるとかなり曖昧な答えをされると思います。

Application Essayのみ(band 8 以上を狙う場合)作成難易度が別次元で高いので可能な限り早めにStartさせて頂いた方が良いでしょう。

Insightって何やねん、と言われそうですがどのようにHigh-Qualityエッセイを組み立てていくか説明させて頂きますのでお付き合いください。

Statement of Purpose/Up to Level 7

SOPの提出を求められる可能性があるのは大学院programのみ。それもそのほとんどがResearch or Academic Programであって職業的な要素 (MBA/MPP/MPH/LLM等)が絡んでくる大学院programではSOPが求められることは通常稀になります。これらのProfessional Related Programでは通常Personal Statementの提出を求められると思います。学校によってはSOPおよびPSどちらも提出せよ、というprogramもあるでしょう。

Essayを作成するにあたりまず第一歩となるのがSOPの作成です。大学のアプリケーションエッセイ提出においても、まずはSOPの作成から入ると良いと思います。Band 10を狙うにしろSOPの考察から入ると良いでしょう。Essay Level 7以下のSOPを作成される場合Insightという概念は現れません。日本人の方が通常作成されるEssayは問いに対して忠実にanswerをしているSOP Formatに属することになると思います。

それならちょろいぜ、と過去に豪語された方がいらっしゃいましたが(実際に1週間で完了しました)SOPとして書類を作成される場合はEssay作成と比較すると難易度のハードルが格段に下がります。

SOP方式にも大まか2種類タイプがありmotivation based or skill basedでそのfocusが若干異なります。

Motivation Based SOP

先ず最重要項目ですが、SOP方式で書類を作成することをprogramが求めている場合。中には例外もあるかもしれませんが、最重要項目になるのは前職の経験です。私が留学中に直接教授複数名に聞いた限りではSOP提出を求めるprogramではEssayのqualityやスコア等のその他の要因が合否に影響を与えにくくなり、中にはprogramと関連する経験がどれだけ強いか?のほぼ一点で合否が決定される事もありえます。例えばですが大学学部やMBAであればDiversityを学校側は非常に重んじている一方で、SOPの提出を求めるprogramの場合はdiversityの重要性は極端に低下する場合が殆どでしょう。ある特的のskillやknowledgeが必ず求められ、そのrequreimentsの強弱が重要になるわけです(理系系統や研究program)。

SOP式Essayの場合はTOEFL君/Research Paperにかなり寄ってくる事になり、志望動機および何故そのような志望動機を持つようになったのか?という理由の説明を丁寧に行なっていく、というのが基本的なformatになります。そもそも志望動機を聞かれているわけですからね。Personal Statementと記載があった場合でも学校側のexpectationはSOPである場合もありえます。通常その場合はmotivation based SOPを提出される事になるでしょう。

後述しますがEssayの提出を求められている場合でもSOP方式の書類を提出することは(戦略的に行うのであれば)アリはアリであると思います。

The志望動機書を作成される場合は、その志望動機の理由を中心に組み立てること。ついでそのCredibility (単なる夢物語ではなく実現可能性が何故高いのか)を示せると尚Betterになるでしょう。

例えば私は〇〇の経験があるからXXXできるという表面的な主張ではなくより本質的に〇〇の経験があればどのように、何故XXできる可能性が高いのか、という部分に対して説明を行いましょう。

但し一点私は〇〇ができます!のような表面的アピールは強く求められていない場合は行わない方が無難です。理由は3点あり先ずはそもそもそのような自己アピール項目はCV or Letterに記載されるであろうから。次いで志望動機の説明を行なっていく上で妨げになる事が多くなるからです。最後が重要で、例えばComputer Scienceを大学ではなく大学院で学びたいとしましょう。その場合、例えばですがラーメン屋を経営しており、あるとき突然高度なComputer Scienceを学びたいと思うことは通常はありえないと思います。より高度な経営を学ぶ為にMBAへ留学したい、という志望動機はありえるかもしれませんが。

Computer Sicenceで大学院留学をされたい場合。通常は少なくとも何らかの形でCSの知識の必要性を感じるはずであり、何故自分がCSの知識を必要だと思うのか?という点の説明を具体的に行なっていくと自然とある程度自己のexperienceやfeasibilityは間接的にappealできる事が多々あります。したがって余程学校側が特的のvery specific skillをrequireしていない場合はわざわざその経験に関する説明を行わなくとも、多くの場合は志望動機を丁寧に説明していけば十分であるcaseが圧倒的に多いです。

Fulbright WinnerのEssayですが志望動機の理由の説明が具体的に行われている為SOPとしては非常に高評価を受けた事になります。

単純に計画書を作成するイメージで組み立てていきます。インタビューであなたは何故留学したいの?と聞かれた場合のほぼそのままの答えをEssay上でAnswerすれば良いでしょう。では組み立て方に関して説明させて頂きます。

Statement of Purposeになりますので基本的にWhy XXX (MBA/LLM/Cell Biology etc…) に対するAnswerを用意してください。

XXXの可能性としては

  1. 何故その研究を行いたいのか。
  2. 何故そのProgramに留学したいのか。
  3. 何故XXXを学びたいのか。

原則上記の3つのうちのどれか (or複数)、に対する答えを用意する事になります。Fulbright MPHの場合(そのほか大部分のProgram同様です)、PhDのように特定の研究を行うために留学するわけではありませんので2 and 3に対する答えを用意しています。

何故留学したいか?/予防医療を改善する事により健康寿命問題を解決することが目的。
そのために何を学びたいか?/Data解析方法および社会的背景が健康へ与える影響。

ここの大枠に対するAnswerはなんでも良いです。世界を平和にしたいでも大統領になるためでもokです。

Motivation BasedでSOPを作成させる場合はとにかく計画書としての精度を徹底的に高める事になります。計画書で重要になる点は、なぜそれを学ぶ必要があるのか。それを学べばどのようにGoalが達成できるのか、というWhy and Howの答えの部分が大きな差を作り出します。何を何の目的で学ぶか?という表面的なanswerはあまり重要ではないわけですね。例えばですがコンサルで起業するとしても新宿にofficeが必要で機材と合わせてXXX円投資をしてくれ、と頼んでも資金は集まらないでしょう。より具体的な事業計画、どのような理由でなぜ提示している計画で成功できると考えているのか?その理由の部分が具体的で優れていれば資金集めの成功確率が高まる事と同一です。

繰り返しになりますが志望動機書を作成される場合は何を、何の目的で留学するのではなく、どのような理由で何故留学する必要性があるのか?という説明にfoccusしてください。

この点はかなりTOEFL君Essayと似ていますね。可能な限り具体的にかつ論理的に何故大統領になりたいのか、なれるのかという説明を行うことができれば計画書としては評価されます。逆にその具体的な理由が曖昧であれば例えimpactの大きい目標を掲げても全く評価を受けることはありません。

何故具体性が重要か?具体的であればあるほど実現可能性が高まり、説得力が増す為です。計画書であるわけですから、大雑把に売上が上がると思いますでは融資は受けられませんね。なぜ?どのような理由でそれだけ売上が上がると思うのか?という説明に説得力を持たせるためにはある程度の具体性は必ず必要になります。具体的であればあるほど計画書としての評価は高まります。
面接で徹底的に詰められるであろう点を事前に対して事前に埋め合わせを行うことになります。MBAの場合Leadershipを学びたい、はOKですが面接ではなぜ?なんのために?どのようにLeadershipが必要なの?と根掘り葉掘り聞かれるでしょう。これらの答えを順に、できる限り詳細に答えていけば原則OKです。

なぜSOPでは計画書の提出で良いのでしょう?単純に述べると大学学部留学やその他のjob-related program (Medical/MBA/Law他)と比較するとそれほど重要視されにくい傾向があるためですね。SOPの提出を求めるprogramは十中八九研究系 or academic focusのProgramになると思います。研究系のProgramの場合admission evaluation standardは将来研究ができるかどうかの一点に集約されます。みなさんがイメージされるような “The優秀な人” である人物は全く求められていない為、Interest (何を学びたいか)のfit及び表面的な志望動機だけをcheckしているのが主な理由になります。

研究者の場合例えばとても社会ではやっていけないような社交性0のような方でもある分野においては大天才である、ということは起き得てしまいますのでApplicantsがどれだけ優秀か?という側面からの測定は行われにくい傾向があります。例えコミュ障であったとしても問題ないでしょう。もちろんProgram毎、同じ学校同じprogramでも人によってかなり基準はマチマチなので手を抜きまくる事にはdisagreeですが、PSのような他のエッセイを圧倒するようなImmortal Workを狙いに行く重要性は下がります。とはいえもちろんProgramがあまりにcompetitiveな場合essay qualityは高ければ高いほどbetterです。並んだ際に差別化要因になり得ますのでね。

SOP構成方法/Fulbright 分析

踏み込んでSOP計画書の作り方の説明及びFulbright SOPがなぜ優れているかの説明に移ります。

まずは1 paragraph目。Thesis paragraphになります。

To establish a more accurate disease-prevention strategy, I decide to pursue a career in public health and carry out research on the combination of data science and social, clinical epidemiology. My mission is to prevent as many preventable diseases as possible, for the sake of people’s happiness.

このBand帯 (7以下)ではThesisの上級Lectureは抜きにしておきます。無難に全体のSOPのSummaryを行なってください。今回の場合は何を何の為に学ぶのか?という説明を端的に行なっていますね。SOP方式で志望動機書を作成される場合は全体のsummaryを行う固めのthesisを準備いただければ良いでしょう。

2 paragraph目以降が構成に影響し始めます。無難に説明を縦堀していき、逆向きに構成を取る事になると思います。

大きな構成の流れですが

MPHに留学する目的 (Why?) →健康寿命問題を解決したい(How?) →data science and social, clinical epidemiologyを学ぶ事によって手元にある検診dataの解析を行い、予防診断方法を向上させたい (Why 予防?) → 本来防げるはずの処置を永遠とし続ける事に対する疑問が原点 (What causes this situation?) → 古いone-sized fit all 診断方法に改善がなされておらず、診断方法が根源の原因であると分析。

これをbackground informationのみを頭に残して、逆向きに構成させて

健康寿命問題が問題となっている→古いone-sized fit all 診断方法に改善がなされておらず、診断方法が根源の問題→結果として本来防げるはずであった病気を患った患者さんを無限に治療する事に→data science and social, clinical epidemiologyを学ぶ事によって手元にある検診dataの解析を行い、予防診断方法を向上させる事で予防診断方法を向上させ健康寿命問題を解決したい→その為に→MPHに留学する。

という大きいframeworkを作って議論を展開しています。SOP自体の構成が→で流れていき上手にFlowが作られていることが理解いただけると思います。TOEFL Essayのように単純に理由が羅列されていませんのでより高度にdevelopされています。

各Paragraphの構成分析へ移ります。

2nd paragraph

         Modern achievements of science have enabled us to live longer. However, healthy life expectancy, during which people live in a healthy state and do not largely depend on others, has not been sufficiently prolonged. The average life expectancy is estimated to be 84.2 years and 78.5 years in Japan and the United States respectively, whereas the healthy life expectancy is 74.8 years and 68.5 years in 2016 (1). The huge gap between the two means that people spend an average of 10 years in an unhealthy condition. This discrepancy is mainly caused (about 25%) by preventable lifestyle diseases such as brain stroke, heart diseases, and diabetes(2). Therefore, The development of the effective prevention system is essential for developed, aging societies to enjoy longevity in a healthy condition.

2nd paragraphでは寿命が伸びるにしたがって、健康寿命が相対的に大きな問題になっており、その背景にはpreventable diseaseを防げていないのでは?という問題テーマの導入をおこなっています。Credibilityを高めるために単なる自分の意見ではなく引用をしながらargumentを進めています。内容にもよりますが、指定がない場合は必ずしもcitationする必要はないでしょう。手堅いSOP formatで作成される場合Thesis後の2 body目の内容は

何らかの問題点の説明 or 何らかの重要性の説明

のどちらかの描写を行うことがほとんどになると思います。そもそもSOPの場合〇〇を学ぶ為に留学したい!となります。裏返せばその〇〇を学ぶ必要があるという事になりますので、多くの場合何らかの問題点を解決する為に〇〇を学びに行くのか or 〇〇が重要であるから〇〇を学びに行く事になる場合が大部分になるでしょう。

硬いacademic formatのいわゆるテンプレ構成で作成される場合、このFulbrightのようにThesis後の2nd paragraphには十中八九background explanationがくることになるでしょう。このformatが最もわかりやすくかつ効果的であるわけですね。Backgroundの説明を行う理由は一つ目がいきなり本題に切り込まれると理解できませんね。前提の背景としてHealth Issueがあって、だからこそ留学して勉強したいとなるのは自然流れでしょう。もう1点目が説得力をあげるためです。

例えばペットボトルのキャップを改良するためにXXXを学びたい。と言われてもいまいちピンときませんよね。そもそもペットボトルのキャップを改良する必要性が無ければ大きな意味はないようにも見えます。

背景としてどのようなことが問題になっているのか?と言う説明を行うことによって単に読み手が理解がしやすくなるだけではなく、自分が留学することの重要性も間接的に強調されることになります。これはどの程度大きい問題に取り組もうとしているかどうかはある程度計画書の品質に影響を与えることを意味します。

例えばですがあまり意味のないペットボトルのキャップを改良したいAさんと次世代通信規格の6Gに関する研究を進めるために留学したいBさんがSOPで戦うとAさんが勝てる見込みは少なくなると思います。

ただしあくまで計画書としての精度が重要なので、scaleの大きいことを書きすぎて夢物語にならないようには要注意です。問題点や重要性のscaleが大きくなると具体性が損なわれる傾向がありますのでね。

このFulbrightの場合も単に健康年齢って重要だよね。ではなく具体的に人々の人生のうち約10年間も健康な状態で過ごせていない、と言われると他のapplicantsよりも自己の留学のが相対的に重要であると、自分が留学することの重要性を強調することができるわけですね。これは表面的なXXXができます!と言う自己アピールよりもより説得力が増しますね。

3rd paragraphに移ります。

         However, the prevention strategy for lifestyle diseases has not been amply developed. In fact, regular health check or periodical health examination, one of the most popular preventive medicines performed worldwide and generally accepted as a beneficial practice for disease prevention, has still not been proven effective. Researches revealed that general checks for healthy people possibly did not bring any benefits for them (3). As for Japan, its annual health check system for employees began in 1972, and Japan is still persistent in the one-size-fit model, which remains almost unchanged from the initiation. Exceptionally, a new screening and intervention program called Tokutei Kensin was introduced in 2008, but its specific benefits have not been well identified.

議論をより発展させて(→の向きがだんだん降りていきますので)、ここでは健康寿命問題を作っている原因に対する考察を行なっています。健康寿命問題を作っている一つの原因として古い定期診断制度にあると考えており、それを是正するために留学したい。と言う流れを作るために、何故古い定期診断制度に問題があると言えるのか?という点に対しての説明にparagraphを費やしています。これが上記の緑色の部分に該当すると思います。単に私は健康診断に問題があると思います。という主張ではなく、なぜその主張が正しいと言えるのか、という説明をevidenceを提示しながら行なっているためgoodです (黄色ハイライトの部分)。

3rd paragraphに移ります。

         However, the prevention strategy for lifestyle diseases has not been amply developed. In fact, regular health check or periodical health examination, one of the most popular preventive medicines performed worldwide and generally accepted as a beneficial practice for disease prevention, has still not been proven effective. Researches revealed that general checks for healthy people possibly did not bring any benefits for them (3). As for Japan, its annual health check system for employees began in 1972, and Japan is still persistent in the one-size-fit model, which remains almost unchanged from the initiation. Exceptionally, a new screening and intervention program called Tokutei Kensin was introduced in 2008, but its specific benefits have not been well identified.

議論をより発展させて(→の向きがだんだん降りていきますので)、ここでは健康寿命問題を作っている原因に対する考察を行なっています。健康寿命問題を作っている一つの原因として古い定期診断制度にあると考えており、それを是正するために留学したい。と言う流れを作るために、何故古い定期診断制度に問題があると言えるのか?という点に対しての説明にparagraphを費やしています。これが上記の緑色の部分に該当すると思います。単に私は健康診断に問題があると思います。という主張ではなく、なぜその主張が正しいと言えるのか、という説明をevidenceを提示しながら行なっているためgoodです (緑色ハイライトの部分)。

4/5th paragraph

         To tackle this issue, we first have to analyze the data of health checks to enhance the efficacy and benefits of the current system. Although the data has not been properly gathered or assessed due to the structure of corporate health insurance associations (4), my mentor has successfully collected over hundreds of thousands of employees’ examination data for ten years. To analyze such large observational data, special quantitative skills must be earned. Currently, statistical methods actively help researchers deal with large public medical data of more than one million patients in America (5). The quantitative skills such as causal inference, quasi-experiment model and propensity score matching, which I should to carry out my research on the data of health checks in Japan, have been mainly developed and practiced in schools of public health in the United States.

         Second, we have to change the one-size-fit strategy to the more flexible system. The main reason that the current system could not produce a major proven effect is the ignorance of the huge disparity of recipients. People live in different places, take different jobs, eat different food and are educated differently, and these social factors greatly affect our health more than expected (6). Therefore, population approaches such as periodic health examination must be tailored according to evaluate the risk in stratification through their social determinants of health, adjusting the kinds of test items and its frequency in the most efficient way for each person. Thus, I hope to study social epidemiology, which studies the impacts of social factors on health, to update our health management system. Schools in America dominantly study social epidemiology and conduct many large cohort studies to establish the importance of health determinants on health care policies.

大元になっている問題点から、その問題を作っている原因までの分析が完了していますので残るはなぜそれらの問題を解決する為にMPHへ留学する必要があるのか、という志望動機の直接的な答えを記載すれば良いわけです。本 Essayでは4/5thに該当します。ここまでのflowが丁寧に作られている場合。Quality判定の軸は原則具体性のみにfocusが当てられます。

本SOPがSOPとして非常に優れている点として問題解決に対するするある程度の具体案が出来上がっていること。及び、その具体案をより優れたqualityに高める為に何を学ばなければいけないか?という点も具体的に紹介されているだけでなく、なぜStats及びsocial factorを学ばなければいけないのか?という点の説明も丁寧に行えている為非常に高評価を与えられます。

まずは4th paragraphでstatsを学びたい。理由としては既にbig dataのaccessは可能となっており、これを将来の検診方法への導入に役立てたい。と言う流れですね。

5th paragraphではsocial factorを学びたい。と言う内容になっていると思います。単にsocial factorを学びたいです!だけではなく何故学ぶ必要性があるのか?学ぶとどのように自分のgoal達成に役立つのか?と言うやはり理由の説明にその主眼が置かれていますね(赤色ハイライト)。

今回は学びたいことを二つ別々のparagraphで並べる構成になっておりますがin generalではあまりお勧めできません。

直感的には理由100個の100 pages Essayよりは1 reasonを丁寧に考察した100 pages essayの方がより高評価がもらえるだろう、と言う説明で納得いただけると思います。学びたいことや理由を列挙するTOEFL Formatの場合その理由に対する説明自体が浅くなる傾向になりますので学びたいこと等は少なければ少ないほどbetterという認識を持っていただければ良いでしょう。今回のSOPの場合はStats onlyで出願するとMPHではなくStats master programへ留学するべし、と言われかねないのでMPH感を出すべくsocial factorも盛り込んだ、という背景がありました(嘘をついて捏造したわけではないですが)。
この年MPHはもう一名Fulbrightに出願されましたが、このhealth preventionが採用になった理由は、説明の具体度合いが高かったことが理由になっていると思います。不採用であったもう一名の方の方がスコアは高く、ご想像いただけると思いますがmedical doctorの場合数年間のcareerで差がつく事は稀になりますのでbackgroudnはほぼ同一でした。
これを書くに当たって今読み返してみてもSOPとして非常に良くできていると思います。

もう一点影響を与える評価軸はfeasibilityです。

このEssayでは既に検診dataにaccesibleである状況になっている点はこの計画を成し得る上でかなり優位に働きます。このEssayでは行なっておりませんが、〇〇を学べばなぜ自分のgoalが達成できるのか?という説明を載せる部分において自分が〇〇可能であるから、というskillや能力の説明を行うこともformatとしてはあり得ます。

最後にConclusionです

         Therefore, I decided to study the essence of public health research at graduate schools of public health in America which enjoy leading positions in the world. With the knowledge and findings in the field of public health, I will analyze the existing preventive medicine and then update the system of preventive medicine according to the assessment for the future, in order to help people enjoy their longevity more than ever.

SOP方式のEssayではconclusionは原則thesisのrephrase、Essay全体の締めを行なってください。それ以上のものは求められていませんのでbrief summaryでokです。

Essayとして皆さんが想像されるのはこのようなEssayでしょう。ただしこれはEssayではなく厳密にはStatement of Purposeなのですが。これがSOP方式のessayとしては一つの完成形です。
SOP Worldでgradingを行なった場合は 9 or 10 levelでは仕上がっていると思います。

PS:Fulbright SOPはreferenceを要求しているため本essayでは散見されますが、通常referenceは要求されませんのでdevelopはされなくて良いでしょう。

Level 7 Candy 分析

高校生と社会人のSOPを比較すること自体がFairではないですが志望動機書のSOPとして若干高校生カーブをかけて7点程度は出せると思います。同じ志望動機書ですがこちらはSOPではなくPersonal Statementになります。理由は?と言われると単純にpersonal backgroundのexampleを持ち出してきているから、ですね。厳密にはPSではなくてPS出身の志望動機書に属する事になります。高校生が書いた志望動機書としての評価を下すとgoodの部類に入ります。ただし単なる志望動機書ではなくPersonal Statementとしての評価を下すとBand 7なので悪くは無いですが良いとも言い難い微妙なラインです。

同じ志望動機書なのでFulbrightと比較しながら優劣についても解説させて頂きましょう。

余談ですが留学される場合。大学レベルでも以下の水準以上のEssayは普通に求められます (これだとB gradeかと思います)。TOEFLテンプレは…と言ったレベルの場合、留学後本当に悲惨な事になりますので気を引き締めて学習に励んでください。

大筋の構成ですが

商品を海外展開するため に経済学を学びたい (Why?)→お菓子一つでとても喜んでもらえることに感銘を受けた (なぜ経済学が必要?)→途上国では物価や文化が大きく異なり、基盤となる経済が影響を与えているのでは?→商品を海外展開するため に経済学を学びたい。

大筋上記の様な構成になっていると思います。

1st Paragraph

My family run a confectionary company. I have seen them planning and struggling with their products at home since I was young. They have endeavored to develop products by discussing a new marketing strategy in order to increase profits. Their utmost effort toward imagining new products from scratch and achieving a profit goal has inspired me to be a part of the members of the company, so I will be able to assist their work. Currently, the products of the company are sold only in Japan, but my goal is to be a bridge between the company and other countries.

簡単なBackgroundおよびThesis導入が1st paragraph目で行われています。いきなり製品の海外展開を行いたい、では読み手が理解できませんのでその導入を行い(家業がすでに事業を行なっており、どの様な状況であるのか)、その後青い該当部分でEssay全体のsummaryを行なっています。留学をするための目的です。Fulbright EssayではThesisのみで1st pargraphを組んでいますが、こちらはintroduction plus thesisのstandard構成です。字数の関係で多くの場合はFulbright formatになる方が多いかな?とは思いますがどちらでもokでしょう。

2 paragraph目

I had an opportunity to visit XXX for two weeks as a volunteer this summer. On the last day, our team gave a small pack of milk and a biscuit to each of the students to enjoy the last moment. I will never forget how excited they were. When I was carrying the biscuits out of cars, children noticed that we were holding snacks and running toward us screaming “CAN I EAT THEM NOW?” Their facial expressions told me that they saw the biscuits as the best gift they had ever seen. These students reminded me of the role of candies. It was just a biscuit, which was not a high-quality food, but the quality did not matter. In Japan, there are enormous kinds of snacks everywhere, and people do not appreciate them. However, in some countries, people see snacks as luxury and appreciate their existence. This event put the dream inside of me to start the business overseas, so I can give the Japanese snacks to children in foreign countries and send them happiness.

Candyの場合BackgroundとThesisがくっついていますので、Fulbrightの3 paragraph目に該当するのがここですね。Fulbrightの場合は健康問題を作っている原因に対する分析を行なっておりました。Fulbrightと同じformatで作成する場合、製品の海外展開を行なっていく上でどの様な問題点を抱えているのか?そしてそれは何故か?という分析を行い、その後留学を行うことでどの様にその問題を解決し、goalを達成できるのか?という流れで組み立てる事になると思います。しかしながら今回の場合は問題点の分析説明ではなく、その製品を海外展開することの重要性(厳密にはお菓子の海外における重要性でしょうか)の説明を行なっていますね。
計画書として手堅くSOPを作成する場合。重要性が最も高いのは実はこの2nd paragraphになります。

こちらのCandy essayの場合、厳密には製品の海外展開を行なっていく上でどの様な問題点を抱えているのか?という説明を行わなかったのではなく、行えなかった。というのが正しいです。

一般的な高校生。社会人経験は何もありませんので、ましてや製品の海外進出における弊害を具体的に説明することは不可能です。

大学院 programの場合。ご自身のcareerと留学目的への相関性があった方が圧倒的に有利に戦えます。これは最もで、料理経験ゼロのAさんと既に5年飲食店勤務をされていて実績のあるBさんが飲食店出店のために計画書を作成する場合。経験がある場合/ない場合ではその計画書の具体性に大きく差異が現れて当たり前といえば当たり前でしょう。一度でも経験があればその経験を踏まえて具体的に飲食店経営を行う上での弊害に関してより具体的に考察を行う事ができるわけですからね。Credibility (成功見込み度)の面でも、既にある程度経験のあるBさんの方が圧倒的に高くなります。

SOPでは自分は〇〇を行なってきました。〇〇ができます!という表面的なアピールではなく(これでは志望動機書にそもそもなりませんね)自分が行なってきた経験を元に留学志望動機、具体的にはなんらかの問題点への気づきの考察を深く行えるかどうかが全体的なqualityに大きく影響を与えます。

留学目的自体が実は曖昧または表面的である方は多いと思いでしょう。何となくですが留学はしたい。留学自体に憧れているという理由ですね。私の肌感覚では明確な理由があって留学を志した方はだいたい2割程度かな?と思いますので、特に大学院留学で厳密にclear visionがあった上で留学を目指している方は実はminorityです。

大学留学の方の場合はclear visionは求められてはいませんので、何となく留学したい。XXXを学びたいで問題はありません。

自己成長の為に海外でexperienceを得たい。転職目的。promotionに必要。等の理由の方が圧倒的に多い印象を受けます。

あくまで私個人的な意見にはなりますが、私個人的には単に経験を積みたいから留学したい。でも良いと思います。ただしこれは私の主観であり、これをNoとしている方もいらっしゃるでしょう。何となく留学したい、よりは具体的なvisionのあるpassionateはapplicantsによりofferを出したくなるのは自然でしょう。この場合Fulbrightの様な具体的な計画書の作成を同程度のqualityで行うことは残念ながら不可能になります。この点Fulbright作成者や、そのほかの同等の志望動機をお持ちの方と比較されると相当不利な立場からの出発になります。

こちらも完全に私の主観になりますが、特にnon-research系のprogramの場合。よく分からないから留学するのではないのでしょうかね?留学して海外で何かを学ぶ事が直接問題の解決に役立つことはほとんどないと思いますし、そもそも具体的な計画書が書けるのであれば留学なんかしていないでその計画書に沿ってactionを起こせば良いのでは?と思います。笑
仮にこう思ってしまう方がいた場合は計画書としてではなくEssayとして勝負をかければokです。

具体的なstrong志望動機は元々も持っているもので、エッセイ作成のために完全に人工的に作り出すことはできません。仮にあれこれ考えてある程度作りに行ったとしても、もともと具体的な志望動機を持っている方と比較されると質の差は明らかに出てしまいますので勝ち目はないでしょう。

一般的にDiversityを尊重している大学学部やMBAにおいて、Minorityは受かりやすい傾向があります。これは事実ではありますが単純にそのステータス自体が合否に影響を与えるかどうか?は外からは見えにくい部分もあります。

例えば金融出身でMBAを目指す場合。単に周りの上司にMBA holderが多い。業界的に評価されやすくより多くの選択肢を長期的に得られやすい、かもしれないので(間違っていたらご指摘ください)具体的な理由なしに何となく自己投資のために留学したい、という方の割合が多くなりがちです。では例えば超minorityの終わり芸人の方がMBAをとりたいと思った場合は?ネタ作りのためでないのであれば何らかの強い理由が背景にあると思います。業界的にMBAを取る事に価値が置かれているわけではなく、留学する必要性はないと思います。

過去のapplicantsを見ていても一般的にminorityと言われるbackgroundの方が留学を目指す場合には具体的なstrong志望動機を持っている確率が大幅に高い印象を受けています。よほどの理由がない限り何となく自己投資のために留学したい、にはなりませんからね。

超具体的な計画書formatで説明が行えるほどのvisionがない場合。この状況を打破することは十分可能で、精密に作られている志望動機を凌駕するEssayを作成させればひっくり返すことができるでしょう。面接で単に志望動機の部分のみを見ていないのと同じで、そのほかの唯一の可変部分であるEssayとしてQualityを高めればいいわけです。FulbrightもCandyもエッセイ Formatではありませんので向上の余地はまだ残っています(ただしFulbrightの場合はそもそもEssayを求められていませんが)。

話を戻すと、FulbrightとCandyの決定的な差がこの2 paragraph目に出てしまっています。これは単にEssayの書き手の実力の差ではなく経験値の差ですね。問題点をspecificにかつclearにできない以上、目的を達成するために必要なこと(留学先で何を学びたいか)を具体的に描写することも同時に不可能になりますので、多くの場合は2nd paragraph目あたりにくるであろう問題点に対する描写において自分の仕事や研究に基づくなんらかの気づきを軸に行えなかった時点でSOPとしてのQualityは大きく損なわれますのでご理解ください。

この点はEssayに時間を投入しても本質的にOvercomeできません。

3rd paragraphへ移行します。

When I was staying in XXX, I had encountered the cultural difference between Japanese and XXX food several times. When I went to the grocery store, most of the XXX products were much cheaper than Japanese products. Therefore, I expect that the difference of costs discourages people in foreign countries to purchase Japanese snacks if our company exports their candies. They are too expensive. I wondered why the same kind of foods from different countries have contrasting aspects. 

2nd paragraphにおいてcandyの海外における重要性の説明は完了しています。3rd paragraphでは4th paragraph以下でなぜ海外留学をしたいのか?というメインのanswerを導入するためにbridgeを行う必要性がありますのでその役割を担っているのがここですね。

candyが大きな喜びにつながったのは物価の違いからくる希少性なのでは?ということを体験baseで引き出してきており説明しています。

Candyでは具体的な問題点を掘り下げている訳ではありませんので、candyがなぜ海外に置いて重要性を持つと思うのか?という原因についての分析を行なっております。ここを上手くEconomicsを学びたい、という部分とlinkさせて構成を取っています。Fulbrightの場合も同様に健康寿命問題を作っている原因の分析を行なっていると思いますのでこの点は同様ですね。

基本的に志望動機書では何の為に留学するのか?という理由の説明を行うことになりますのでどのような内容にしろ、丁寧にその理由を説明できているものは究極的にはこのようなformatに帰着される事が多いでしょう。

4th and 5th paragraphです。

I believe that demand and supply for the products and the economic background of its countries affect its price. However, there are more intricate causes behind it. To achieve my goal, which is exporting candies in developing countries and making them popular, I should be able to establish the appropriate price for the candies after studying what the factors of setting costs in other countries are at the XXX.

In developing countries, people see candies in different ways than Japanese. I felt there were fewer kinds of candies in XXX because of less demands from customers. People in developing countries are less likely to seek candies that are popular in Japan because their priorities are different. They would not buy our candies, mainly for travelers, unless they have enough daily necessities. In Japan, the company assumes that most of the Japanese people are satisfied with the financial situation of life, but it is different in developing countries. Thus, I also want to learn the economic background of the citizens in developing countries to analyze the customer’s needs.

何でEconomyを大学で学びたいの?というMain Answerになっています。Economy Majorで留学をする目的を持っているのでEconomyで留学をしたいのは当たり前です。単にEconomyで留学したいです。ではなくその理由を深く丁寧にかつconsistentに説明できている為7の評価は出せるでしょう。この点Fulbrghtも同様で最後に直接的なanswerが置かれており、なぜそのように思うのか?という説明を問題背景から丁寧に描写できているのでgoodです。

CandyもFulbrightも直接的な問いの答えは一番最後の部分においてdevelopされている点において共通です。一般的にある程度の長さ(300 words or above) のEssayを作成する場合、その直接的な答えは後半に来る事が圧倒的に多く、なぜそのような事が言えるのか?というその説明に残りの部分を費やしてください。説得力を上げる場合このようなformatが王道です。実際にLevel 6のEssayの場合いきなり直接的になぜclassにcontributeできるのか?という答えを描写していますね。結果的に内容が浅くなり、表面的な自己アピールになってしまいます。

QualityとしてはFulbright>Candyです。理由としては繰り返しになりますがやはり4-5th paragraphの説明もcandyはfulbrightと比較すると曖昧です。曖昧な分だけその説得性/実現性は低下しますのでFulbrightの方が高い評価が出るでしょう。その根本的な違いを作っているのが問題点に対する考察であり、ここはEssay Experienceの差ではなく経験値の差がモロにでてしまっていますね。ただし高校生Candyが大人のFulbrightと同じfieldで戦うことはあり得ませんのでこの点は問題はありませんが。

大学学部Essayの場合 or Research Oriented SOPの場合。単純にMathが好きだからMathを勉強/研究したいという方式はありえます。この場合なぜMathにそれほど興味を感じるのか?結果的にどのような事を特に学びたいと思っており、何を研究したいのか?という事を説明する事になるでしょう。SOPの要項の一つにAcademic Interestを書け、とinstructionがあった場合(多くの場合は必ず書きなさいとは書かれていないとはお思いますが)FulbrightやCandy方式ではなく、よりその学ぶべき学問に対する考察を行う必要があります。その構成や書き方は全く異なるものになりえます。特定の学問に対して何らかの強い魅力を感じることはあり得ますが一般的とは言えないと思いますのでCandy/Fulbright Formatが王道にはなると思います。

ここまで大筋SOPの書き方/組み立て方を丁寧に解説させていただきましたがご理解いただけましたかね?

Personal Statementを出せ、と言われているのにあえてEssayとしての要素は落としてきて計画書として勝負をかける場合。FulbrightをBenchmarkとされると良いと思います。このFulbright計画書は、計画書としては間違いなく高品質なのでご自身で作成頂いたものと比較して同等以上のqualityであると客観的に判断できる場合は、戦略的に計画書formatで書類を作成する、という戦略を取ることはありでしょう。

Skill/Experience Based SOP

もう一方のSOP形式で有り得るのがこちらのタイプでしょう。

何らかのガチの研究oriented program or 何らかの特定的な専門的知識を学ぶことを目的としたprogramの場合提出を求められることがあります。専門的な知識とはLeadrship/Management/Negotiation/Social Problem等ではなくて、入学する上でStrong Pre-requisite knowledgeが必要になるProgramをreferします。

Bio/Physics/Computer等そのほとんどの場合は理系のmasterでしょう。文系programの場合であり得るとすると、ほぼ確実にResaerch Programになると思います。

これらのprogramの場合PSとより差別化させるためにState of Interest/ Objective等名称が異なっている事も多々あります。

Experienced or Skill Based SOPの提出を求められた場合。Essayに時間を割く必要性は通常はありません。Essayがかけるかどうか?志望動機が優れているかどうか?と言う尺度からの判定は通常行われませんので(prof談)、Research skillが備わっているかどうか?Research Experienceがあるかどうか?特定のbackgroundのknowledgeを高いqualityで備えているかどうか?で判定が行われる傾向になります。特に研究programを志望される場合はEnglish Journal (global scaled journal)へのpublicationがあるかどうかの一点で判定される事もありますので、Research background or related course GPA (Academic Background)が高ければ通常は合格を貰えます。

Yale LLMの

In no more than 1000 words, please explain your scholarly research, what prompts your focus on the issues you discuss, and how you have explored them thus far. Critical discussion of specific articles or books that have influenced the formation of your research agenda is particularly welcome. (If you include footnotes, they are not counted for the purposes of the word limit.)

これが非常に良い例でしょう。そもそもの志望理由の提出も求められないこともあると思います。研究する事/特定のskillを学ぶ事が主眼に置かれていますので、それらの準備が十分に行えていることのみを示せば良いのです。

Research Intense programへ出願される方の多くはEnglish journalへの寄稿はあるべき(はず)なのでそれらの方向けの(Yale LLMやPhd)LectureではなくExperience/Skill Basedの志望動機書の参考をshareさせて頂きます。

School Fit

強いSchool Fitは学ぶべき対象が具体的に絞れている時のみに可能になる場合がほとんどになるでしょう。

例えばMBA でLeadershipを学びたい。LLMでM&A Lawを学びたい。Levelではfitの説明を記載する事は不可能でしょう。

LeadershipやManagementを学びたいLevelの場合Bioで言う所のCell Bioを学びたい。レベルになります。はっきり言ってcell bioなんぞどこでも扱っているに決まっているのでもう少し絞ってcancer bioとします。cancer bioでもまだまだ何処の大学でも扱っておりfitもへったくれもありません。しかしさらに絞り込んで例えばcancer cellのstemness (self-renewal process)を学びたい程度までに絞り込むと私の経験上リストが半分以下まで低下しました。さらに絞ってStemnessに影響するXX geneを学びたい等まで絞り込めるほんの数校まで絞られることになります。

SOPで差別化を測りたい場合は雰囲気が好きだ、とうの表面的なfitではなくもっと根本的に志望動機に対するfitが提示できるかどうかになります。基本的に大学院側は真面目に留学されたい方をscreeningしていますので志望動機書においてはやはり具体性が明暗を分けるでしょう。

ここまで読んで上記の内容が行える場合。。十中八九、具体的にschool fitが提示できる=強い志望動機書が作成されている=Related Professional Backgdoundの経験が最低限以上あることになりますので、最低限のScoreさえ用意できれば高い確率でacceptされると思います。Backgroundではかなり強く差別化を行えている確率が高いでしょう。ただしなかなか皆さん作成できないと思います。

特に大学院programの場合は留学先で学ぶ内容に関して差別化を行うのが王道中の王道です。

それ以外でfitを示す場合。他に候補があり得るとすると将来のcareer goalになんらかの形で引っ掛けていくことになる確率が高いでしょう。

例えば卒業後米国金融業界で働く予定があるのであれば中心地であるNew York周辺の学校はメリットがあると思います。ただし直接的に私はNew Yorkで勤務するつもりだから…とそのまま書くのは明らかに微妙なqualityへ仕上がります。その学校が持っているprogramや立地のなんらかの特徴がどのように自分に重要なのか?Fitするのか?とより本質的なargumentを組めれば具体的な計画書formatで作成が困難な場合でも、計画書 formatで作成されている方と同等以上に戦うことが可能です。

この方法は本質的にEssay Formatで攻める正攻法とは異質なもので書き手に高い能力(考察力)が必要となりますが単なる志望動機書以上のものを作成できるpotentialは秘めています。詳しくはまずLevel 8以上のEssayの作成方法を参考にされると良いでしょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました