What Matters Most to You and Why?

Essay/Letter

Band 9 以上が出せるEssayの中で一部を本人の許可無く勝手に公開させていただく事になると思います。笑

大学生も大学院生も全体的なlevelの底上げを行うためにはある程度Essayとして良く書けているsampleが必要にはなるのでは?と考えている為、公開処刑される方はきっと理解頂けるでしょう。

人様のEssay晒す自分のエッセイ晒しなさい、と言われるとそれはそれは一理ありますね。

過去Band 9 まで到達された一握りの方達でも本当の意味でEssayなるものを理解できているのかな?と疑問に思います。私は出願しませんが完全にvolunteerで書きました。参考にしたいから、もともと書いてみてくれってお願いされていたことも背景にあったりします。

注意点

一般公開させて頂く一部のSample Essay全てに記載させて頂きますが、とにかく

絶対に真似ようとしない事。高い精度で完成されているEssayの多くは独特な形式を帯びてきますので、真似ようとするとQualityが損なわれる恐れがあります。それは私の意図するところではありません。あくまでその本質的な部分を参考にされると良いかと思います。恐らくイメージされているもの or すでに作成されている方の場合は異質なものであるかもしれません。Diversityは受け入れて異質だな、と思った場合拒絶せずに良く考えてみる/学習されてみると良いかもしれませんね。

私からlectureを受けている方には

お前全然言っていることとやってる事違うやんけwww

とお叱りを受けそうなので、その点あらかじめ謝っておきます。スミマシェン。

それと以下はEssayとして書きました。所謂Statement of Purposeでは無く、ガチのPersonal Statementの方式を取っていますので、誤解の無いようにあらかじめご了承ください。

最低限の軸を残した上で、破ってはいけないEssay Ruleを破ってPicasso formatで書いています。一般公開用に分かりやすくするために丸く表現しておらず、エッジをかなり効かせていますのでこの点は参考外でお願いいたします。

妻にこんな玄人向けのEssayを一般参考向けで公開するとか頭おかしいのか?とお説教を受けておりますので、一般公開むけに編集する必要性ありと感じていますがこの点もご配慮を。(年明けですかねぇ。。。?)

もし出願する場合。時間を掛けてbrush upはすると思いますが、落とせるものなら落としてみよ、という強い覚悟で基本的にはこのまま提出します。Why XXX系は留学志向ではないので素晴らしいものは私には書けませんし、Leadership系は書けますが、あまり良いお題のようには感じられませんのでパスさせて頂きました。

Stanford MBA Essayの What Matters Most to You and Why?に対するanswerになります。

Essay Themeは Sailing.

What Matters Most to ME and Why?

マニア向け ver

Life is often compared to sailing. Ocean peacefully waves, so does my emotion for the stirring destination. But, at the center of the open sea, what if I suddenly realized my compass was not working and my terminal disappeared? At 13, I was out. I knew the four social commandments: “Be a good student. Enter a good university. Enter a good company. And be a good worker.” But, I couldn’t think I would find any value in it. In a deep distress, how can I feel placidity through pleasant breeze? To keep sailing, what mattered most to me was to have a lighthouse that radiated a way to go. To me, the lighthouse is givers.

The first giver is my cram school teacher. I changed my cram school, so she was not in charge of me anymore. Strange to say, a lot of mails were delivered from her: homework, a tightly written new year’s card, and a three paged letter to make sure if I was okay for everything on my admission. From indifference, I naively ignored almost all of them, but the last one was different. It was a gift for the celebration on my admission. I expected it must be a Gameboy, but it was an electronic dictionary. In sorrow, I thought ––– “I DON’T LIKE IT!”

The second giver is my high school teacher. My cell phone is ringing at 6.a.m. I know who the bothering person is. “I am waiting for you at school today. You must come otherwise I will visit you this morning.”

I have woken up during a lecture because he is being mad at my classmate. I have been sleeping at the corner, so I have no idea in the circumstance. But I wonder if I should be the person who is being preached at, being woeful for depending on his kindness.

It’s a graduation ceremony today, which is the only event I attended in my youthful days. “Congratulations.” My view has abruptly began to be fading, and I have lost all of my words. I tightly shake hands with him, and that is enough for us.

The third giver is my father. Feeling nervous, I am heading to my father: for about 10 years, we have not had an opportunity to sincerely talk with. Since I have been an outlier, we had many conflicts. I selfishly dropped out from my university that he has paid a lot for me. If I ask him to let me study abroad, he might think it is a joke or even lose his temper this time. However, whatever he says, I have to ask him with great respect.

“Can I study in the United States?”

He just says, “Go for it.”

Still, even a little, I cannot imagine what they thought and what they hoped for. These givers are divine and even more sacred in capitalism today. Giving is not on the success map, but that’s why it is beyond myself and that’s why I can see the beauty in it. Sometimes, a journey is tough to continue: a storm will be inevitable, and how much I wish to remain as pure as it is, crystalline water will be easily stained.

Have I given as much as I taken? But, until I can confidently answer to myself, I wish to continue my sailing.

アドバイス

Essayなので、全然何が良いのかさっぱりわかりましぇんという方は一定数いらっしゃると思いますがそれはそれで良いと思います。

組み方/背景等の解説はここでは行いませんが、もし万が一上記のEssayが好きなのであれば簡単にアドバイスです。

まずはEssayの基礎を良く勉強して理解する事。これ無しで取り組んでは絶対にいけません。次いで良く向き合う事。良いEssayは基本的に良く考えなければ書けません。重要になるのは考察の部分であることには間違いありません。ただし巧く考えること/Logicを繋げる事と、与えられている問題に誠実に向き合う事。抱えている課題に誠実に向き合う事。究極的には自分自身と誠実に向き合う事。は別の世界の住人です。

今年出願組の方にも多いですが、良く考えて巧く繋いでEssayを組み立てると、実力のある読み手にはそれが伝わり、結果的に刺さりません(powerが出せなくなります)。

私は技巧的には書けますが、上記のEssayのTSを潰した理由もFlowを完全に潰してconnecting dots方式で書いた理由もEssayの巧さでは無く誠実さを取った結果になります。

どのような問いに対しても巧く書こうとせずに誠実に良く向き合ってみると良いと思います。結果として与えられている問いからはみ出してしまったとしたら、それはそれで良いではありませんか?

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました